• イングリッシュタイプ

    イングリッシュタイプ

  • ウエスタンタイプ

    ウエスタンタイプ

  •        

           

  • この頭絡を使うと、馬の表情が劇的に変わります

    この頭絡を使うと、馬の表情が劇的に変わります

  •           

              

  • ポニーサイズの馬にも使えます

    ポニーサイズの馬にも使えます

  • 在来馬に相性が良い

    在来馬に相性が良い

  • 子供も安全に使えます

    子供も安全に使えます

  • この馬は天然記念物の岬馬です

    この馬は天然記念物の岬馬です

Welcome

Dr.Cook's ハミなし頭絡は

人と馬との関係に革命をもたらします

 

馬と仲良くなって、馬に乗って楽しみたい!
多くの方がこういう希望と期待を持って乗馬を始められると思います。なのに・・・・・・
「危険だから、何が起こるか分からないから」

「馬は人を見るから、なめられないようにしなければ」

「落馬しないと上達しない」 等々・・・・・・。

「仲良く・楽しく」からほど遠い、指導者側の発言の数々に戸惑ってしまう・・・・・。

そして、実際に事故に遭ったり、事故を目撃するのです。
そのうちに
最初の志が、いつの間にか消滅してしまう。指導者側と同じ考え方で馬に接するようになってしまう・・・・・なんだか楽しくないなあ、と思いつつ。嫌気がさして、乗馬をやめちゃう方も多々・・・・・・。

そうではない方は
「心が傷ついた馬を癒してあげたい」
「あれこれ世話してあげたい」

なんだか、お馬さんにとって、人といる事が、「乗馬」が、つらい事、苦しい事なのだ、というのが前提のような・・・・・・。ちょっとヘンではありませんか?

 当協会の代表世話人は、馬や乗馬をめぐる、こうした状況につくづく疑問を感じてきました。一獣医師として、様々な動物を観察してきましたが、こんな前提で人間と向き合っているのは、馬だけ。おかしい、ヘンだ、何かが間違っている、という思いが日々募って来た時に、この頭絡に行き当たったのです。

ハミがない、というだけで、劇的に人と馬との関係が変わる、当初は世話人もにわかに信じられなかったのですが、実際に使用し、その事実を目の当たりにして、驚愕するとともに、なんとしても普及させたい、ハミをこの世から追放したい、という思いに駆られ、この協会を設立するに至っております。

 

ハミによる、不快感に基づいた制御をされていれば

お馬さんにとって「乗馬=つらくて嫌な事」

それを強いる人間は「怖い、キライ」となって当然です。
お馬さんと楽しい時を過ごしたいのに
それでは本末転倒ではありませんか?

 
 
Dr.Cook'sハミなし頭絡は、制御時に馬に不快感を与えない設計コンセプトに基づいて開発されました。乗馬初心者でも安全に使え、細かい制御も十分可能な優れた特徴を持っています。ぜひ、お試しいただき、この頭絡を広めるお手伝いをお願いします。